不動産/資産運用を学ぼう!
不動産全般

不動産どう交渉する?不動産交渉のポイント!

不動産どう交渉する?不動産交渉のポイント!

 

ギモン
ギモン
不動産を買ったり借りたりするときに、相手や不動産会社と交渉をしないといけないと思うけど、金額も大きく専門的な知識も必要だし、どうやって交渉を進めて行ったら良いんだろう?
シマ
シマ
今日は不動産購入や賃借の際の交渉についての考え方をまとめました!

今日の内容に関連して、動画を配信しておりますので、もし動画の方が良い方がいらっしゃいましたら、以下をご覧ください。

不動産の辞書チャンネル
「第5話:不動産どう交渉する?不動産交渉のポイント!」

不動産どう交渉する?不動産交渉のポイント!

物件を買う、借りる際の交渉は難しい。。。

・売主、不動産オーナーは不動産のことを一番よく知っている。
・情報提供者の不動産仲介会社もプロで良く知っている。
・買主、借主(テナント)だけが良く知らない。。
→情報の非対称性がある
そんな売主、オーナー、プロの不動産会社にどうやって、上手く交渉すれば良いのか??

基本スタンス

・気になったことはすぐ、たくさん聞く
聞きまくる、後で聞き漏れ後悔しないように!
・ダメ元でも良いから、まずは御願いをしてみる、言ってみるというのは大事
(もちろん失礼にならないよう、マナーを守ったうえではありますが)

ヒアリング・考慮すべきポイント

競合について

①他の競合の状況
→競合状況を確認し、自分の対応スピード感を考える

物件について

②なぜ決まっていないのか?物件のウィークポイントは?
③(中古の場合)前の利用者はなぜ退去したか?
→原因がどこにあるかを探る、交渉可能なウィークポイントが見つかるかもしれない。
④気になる点を伝えておく、100点満点じゃないと
→代金、賃料交渉をするため

売主宛て、不動産会社宛て

⑤不動産会社は専任かどうか?他の会社も活動中か?
→売主と仲介会社とのグリップの強さを確認、代金、賃料交渉をするため
⑥売主、オーナーの譲れない要望は何か?
→時間の浪費を防ぐ、もし万が一、相手側が後で追加の要望を出した場合、後だしじゃんけんといって反論可
➆仲介と売主とどちらが交渉しやすいかを考えておく
→どちらと交渉した方が自分に得かを考える

言っておくべきポイント

競合について

①他に迷っている物件や不動産会社があることを伝える(迷ってなくても)
→売主、オーナー、不動産会社に競合の存在を意識してもらう

価格・賃料について

②予算は低めに、但し上乗せ余地があることを伝えておく
→始めから高過ぎるボールを投げてしまうとさらに高いものが返ってくる可能性あるため、それを防ぐ

条件

自分の要望はなるべく初めに伝えておく
→後で譲れない条件を伝えてしまい、相手側に後出しじゃんけん、印象を悪くしないように。

今日のまとめ

物件を買う、借りる際に、売主・オーナー・不動産会社と不動産取引・交渉を有利に進めるための
1.ヒアリングすべきポイント
2.こちらから言うべきポイント

いかがでしたでしょうか。
少しでも皆様にお役に立てる記事でしたら、幸いです。

不動産の辞書チャンネル】では、不動産の投資に関する様々なトピック(例、優良物件の買い方、不動産の税金の一覧、価格の求め方のコツ等)を動画でご紹介しています。もしチャンネル登録がまだの方がいらっしゃいましたら、是非チャンネルの登録の方宜しくお願い致します

TwitterNoteLine@ヒマラヤも随時更新していますので、是非登録のお願い致します!

不動産投資にご興味がある方
ライフプラン診断LP

↑東証マザーズ上場企業の不動産テックの先駆者GA Technologiesが運営するマンション投資専用会員サイトRENOSY。上記診断で購入可能上限・おススメの運用例・老後のイメージが分かります。現在、無料の投資ニーズ相談でAmazonギフト券 10,000円分プレゼントキャンペーン実施中!

↑三菱地所株式会社や株式会社三菱UFJ銀行も出資をしており、優良不動産クラウドファンディング業者で有名なクラウドリアルティ。国内外に様々な不動産投資案件があり、投資プロジェクトも幅広。

働く女性のためのマンション投資【JPリターンズ】↑都心の好アクセス物件の提供数が多いJPリターンズ。各物件ごとに投資収支のシミュレーションを受けられます。本社は丸ノ内パークビルディング内のため、東京近郊の方はアクセスも抜群!